血統書

犬の血統書の意味と使い途とは

ペットショップや、ブリーダーさんから

 

子犬を買った方であれば、血統書をお持ちのはずですね。

 

血統書って、何に使うのか考えた事はありますか?

 

 

 

実は、私も良く分かっていませんでした。

 

なんとなく犬の戸籍謄本みたいなものかな〜って

 

正直ブリーダーを始めてから、知りました。

 

 

 

血統書とは、交配する上で血が濃くならないように

 

確認したり、タブーの毛色だったりを調べる物だそうです。

 

 

 

言われてみれば、納得ですよね。

 

血統書は、4大祖まで記載されていてカラーもしっかり記載

 

されていますし、確かに交配相手を探すのに便利ですよね

 

お相手の血統書も見せて貰うと、いいでしょう。

 

 

特に薄いカラーの場合は、特に念入りに血統書の確認が必要です。

 

見方が良く分からない場合購入した、

 

ブリーダーさんかペットショップで聞いてみるのも手です。

 

 

 

分からないままでは生まれてくる子犬の、

 

血統書申請の手続きも大変になってきます。

 

 

 

生まれてくる子犬の将来の為にも、

 

血統書は絶対必要な物ですからね。交配の機会にしっかり、調べましょう。

 

 

 

某サイトでは、犬の血統書を元に登録すれば兄弟犬を見付けたり、

 

おばあちゃん おじいちゃん犬を見付けたりできて、交流も広まります。

 

 

 

私もそのサイトで、貰われて行った子犬と巡り会い

 

良いお付き合いをさせて頂いてます。

 

血統書一枚で、いろんな事が調べられますよ

 

せっかくの血統書です。有効に活用してみて下さいね。


このページの先頭へ戻る