交配前 健康診断

交配前に母犬の健康診断を済ませましょう

雌の犬を飼ってる方は、雄を飼っている人より不安だと思います。

 

出産と言うのは、犬の場合雄犬より、母犬になる雌犬の方が

 

ケアの手間や出産のリスクが高いのです。

 

 

 

交配相手にも、友達同士であればまだ良いですがブリーダーに

 

頼むとなると、高額の金銭を払ったりします。

 

それだけなら良いのですが以外なトラブルが出てきます。

 

 

 

それが、病気です。耳ダニや皮膚病、感染率が高い病気を保有していると、

 

相手の犬に感染してしまいますよね。

 

すると・・・

 

ブリーダーさんから病気の治療費や、

 

病気をうつされれば、他の交配が出来ませんよね。

 

 

 

その間の、損害金を請求されてしまったり

 

いろいろトラブルの元となってしまう訳です。

 

逆に、母犬の方が健康であっても、健康診断せずに交配をしてしまうと、

 

相手の雄犬が病気を持っていてうつされても、

 

交配した時に健康であったと主張できない訳です。

 

 

悪質なブリーダーだと、雌犬にうつされたと

 

難癖をつけてくる人だって、いるくらいです。

 

ですが、健康診断書があれば

 

交配する時は、健康だったと証明出来ますよね。

 

 

 

ですから、交配前の健康診断書は必須です。

 

母犬の為にも、健康診断をする事で安心して、

 

交配に臨む事が出来るのではないでしょうか?

 

 

 

交配して、妊娠すれば 子犬の影響を考え強い薬は使えませんから

 

健康管理は、母犬の為にも 子犬の為にもしっかりしておいて下さいね。


このページの先頭へ戻る