ミニチュアダックス ブリンドルカラー

ミニチュアダックスのワイルドなブリンドルカラー

私もまだ、一度しか見た事はないカラーでブリーダーさんでも、

 

所有している方は少ないのではないでしょうか。

 

どんなカラーか、説明するのはちょっと難しいですが、

 

わかり易く簡単に説明すると猫で、サビ猫っていますよね〜

 

あのカラーの犬版だと思って下さい。

 

 

 

まだ頭数じたいが、少なくてなかなか見る事は出来ないですが

 

これから増えてくるカラーパターンだと思います。

 

 

 

代表的なカラーでは、レッドブリンドルが一般的でしょう。

 

どこかで耳にした人もいるのではないでしょうか? 

 

 

 

ブリンドルはまだ固体数が少ない為、毛量のあるスタンダードに近い子は

 

数える程しかいません。私もつい先日レッドブリンドル所有の、

 

ブリーダー様のご好意で交配する事が出来ましたが、

 

想像していた通り高額でした。

 

 

ですが、ブリンドルで交配時に気をつける事があります。

 

これは、ブリンドルに限った事ではありませんが

 

模様のある子は、ミスカラーを誘発し易いと言う事です。

 

 

 

ミスカラーと言うのは、例えば

 

ブラックタンとパイポールドを掛け合わせたとしますよね、

 

ブラックタンには本来、白い毛はありませんが本来入るはずの無い、

 

カラーの毛が入るとミスカラーと言う事になります。

 

 

 

ですが、ペットとして可愛がるなら問題無いですね。

 

ミスカラーの子は交配させないようにしましょう。

 

 

もし、ブリンドルと交配できる機会があればブリーダーさんに相談してみてね。


このページの先頭へ戻る