mix犬 疾患

mix犬の疾患の出る可能性

mix犬は、何故疾患や病気が多いのか?

 

もし今mix犬を飼っている方がいるなら是非知って下さいね

 

 

 

ミックス犬の怖い所は、子犬の時期には健康で

 

病気ひとつしなかった子犬が、成犬になってから発病したり、

 

遺伝の疾患を持っていたと分かる事です。

 

 

 

何故、成長してからなのか?

 

子犬の体型というのは、成犬時と違い、あまりどの犬種も変わりませんね

 

ダックスのような、胴長短足の犬種でさえ

 

子犬時代は、さほど胴長に見えない物です。

 

 

 

大きくなっていく過程で、犬種独特の特徴が顕著になっていく訳です。

 

パピヨンであれば、耳が立ち飾り毛が伸びてきたり

 

ミニチュアダックスなら、胴が長くなったり マズルが細長くなったりします。

 

 

 

mix犬というのは、例えばチワワの小さい身体に

 

ダックスの大きい内臓が入ってる訳ですね。

 

体格と言うのは遺伝しますから、子犬の時は、

 

元気であっても成長するにしたがって無理が出てきてしまうのです。

 

 

元々、犬種が違うのですから当然と言えるでしょう。

 

なので、成犬になって病気がちになったり隠れていた疾患が出てきたり、

 

いろんな問題を起こしてしまうのです。

 

 

 

稀に、一生健康で過ごす子も確かにいますが

 

それは、ごく稀なケースだと思っていた方が良いでしょう。

 

 

 

疾患は、とても怖いし一生治らず 通院し続けなければなりません。

 

 

 

医療費も高額ですし、何よりワンちゃんが可哀想ですよね

 

mix犬には、そういう危険があるという事を覚えておいて下さいね。


このページの先頭へ戻る