ミニチュアダックス 交配 介助

ミニチュアダックスの初めての交配は介助が必要なわけ

初めての交配は、飼い主も知らない事ばかりで不安も多いですよね〜

 

それは本犬達も同じなのですよ。

 

特に、雌犬はいきなり雄犬にモーションをかけられ

 

上に乗ろうとする訳ですから、何 何?とビックリしているでしょう。

 

 

 

初めては、そういうものです。

 

方親が、経験者の場合リードしてくれますが

 

両親とも初めての交配の場合、そうはいきません。

 

 

 

雄犬でさえ、うまく乗れなかったりするのですよ。

 

特にダックスと言う犬種は、胴長.短足の為

 

経験者であっても、上手くいくとは 限りません。

 

 

 

うちの、雄犬でベテランの男の子もいますがやはり介助が必要です。

 

私の所に雌犬を連れてきて、前足で押さえててってアピールしたりもします。

 

 

 

ですが、なかには交配の上手な雄犬もいます。

 

飼い主の介助無しに、うまく雌犬をリード

 

するのですが、やはり初めての時は介助が必要でしたね。

 

 

では、飼い主はどう介助してあげればいいでしょうか?

 

雌だけの介助なら、一人での介助もできますが雄犬が下手な場合、

 

雄犬の介助もして貰う人も必要になってきますよ。

 

 

 

まず、飼い主は座ります。

 

正座して足と足の間に雌犬を挟み込んで下さい。

 

向きは、正面を飼い主側ですよ 雌犬と向き合う形になりますね。

 

 

 

雄犬が乗って来ようとしますから、両手で雌犬の後ろ足付け根の部分を、

 

気持ちひらいてあげて雄犬が無事乗ったら、雄犬のお尻を

 

押さえるようにしてあげるといいでしょう。

 

 

 

暫く、雄と雌はくっ付いた状態ですが

 

自然と離れるまでは、そのままにしてあげて下さい。

 

これが雌のみの介助です。

 

雄も一緒に介助する場合ですが、雌の手順は一緒ですよ。

 

 

 

雄に雌の匂いを嗅がせ、上に乗らない場合は

 

介助してくれる方に、乗せて貰いましょうね。

 

うまく乗り 腰のあたりを少し押してみて下さい。

 

 

 

後は、犬の本能でうまくいくはずですよ。

 

無理矢理って、少し可哀想な気もしますがミニチュアダックスは、

 

ほとんど子が介助が必要であると思って頂いた方がいいですね。


このページの先頭へ戻る