犬 検査

雌犬のエコー検査に病院へ行こう

無事、交配して18〜24日たてば雌犬も、食が細くなってきたり

 

好みが変わったりでしてきます。

 

 

 

そういう兆候が見られたら、動物病院にてエコー検査をして貰いましょう。

 

この、エコー検査は重要で出産の時、助かりますので、

 

受けておく事を お勧めします。

 

 

 

必ず受けなければならない、という訳ではありませんが

 

犬も、想像妊娠したりしますから確認の為にも良いですね。

 

ブリーダーの方は、ほとんど受けます。

 

 

 

それは、何故だと思いますか?

 

一つは、胎児の数の確認です。

 

犬の出産と言うのは、何が起きるか分からないもの陣痛が来ても、

 

なかなか胎児が出てこなかったり順調に出産していても

 

3匹目が出てこない等の、急を要するじたいになったりする訳です。

 

 

 

例えば、こんな事がありました。

 

犬友さんの、犬が出産する事になったのですが

 

無事、4匹出産したよ〜と電話で連絡があり

 

その日は、母犬のケアをして終わったそうです。

 

 

ですが、翌日の早朝から電話が来て

 

子犬が2匹増えてるとかなり、驚いた様子でした。

 

 

 

お腹の中に、まだ2匹残ってた訳ですね。

 

無事、母犬が世話をしたらしく子犬は、元気だったようですが

 

子犬の体温が冷え亡くなってしまうケースもあるのです。

 

 

 

ですから、そういう事故を防ぐ為にもエコー検査をしておくと良いですよね。

 

もう一つは、逆子の確認です。

 

 

 

犬は、良く逆子になりやすく、こうなると

 

飼い主の、手伝いが必要になってきます。

 

 

 

ほとんどの飼い主さんは、パニックになってしまいますので

 

心の準備をする為にも、役立つと言えますね。

 

元気な子犬を、出産して貰う為にも

 

万全の体制をで、出産当日を迎えましょうね。


このページの先頭へ戻る