犬 母子手帳

犬の母子手帳(成長記録)を残しておく

無事、出産を終えて子犬の世話をする母犬や、

 

一生懸命お乳を飲んでいる子犬を見ていると、

 

暖かい気持ちになって感動を覚えますよね〜

 

 

 

犬の出産というのは、何度見ても新鮮な感動で心が満たされるものです。

 

ですが、飼い主にはまだ仕事が待っていますよ。

 

それは、飼育ノートに 生まれた子犬の体重や写真を撮り記録していく事です。

 

 

 

特に、体重は生まれた日から毎日計測していかなければなりません

 

この、体重管理にどんな意味があるのか分かりますか? それは・・・

 

 

 

母犬の、お乳をちゃんと飲めていれば毎日、子犬の体重は

 

順調に増加していきますが、飲めていない子は逆に減少していきます。

 

そういう、ちゃんと飲めていない子犬を

 

サポートする為に飼育日記を、記録していく訳です。

 

 

 

それだけなら、体重だけ書いていけばいいのでは?

 

と思っておられる飼い主さんも、いるでしょうね

 

実は...それだけではありません

 

 

 

生まれた子犬を全て、残す方もいるでしょうが

 

大きくなり、新しい飼い主さんの所に旅立つ子犬もいますよね。

 

 

その時に、一緒に渡すのが生まれてから旅立つまでの飼育日記なのです。

 

ほとんどの新しい飼い主さんは、

 

生まれてからの過程を知る事はまずありません

 

 

 

知りたいとは思っても、譲り渡す時からが飼い主さんと子犬との繋がりです。

 

簡単に言えば、子犬の母子手帳みたいな物と言えば分かって頂けるでしょうか

 

 

 

渡すまでのページは、母犬の飼い主が記録し

 

これからのページは、新しい飼い主さんが埋めていくのです。

 

 

 

私は、いつも旅立つ子犬達には この母子手帳を渡しています。

 

とっても喜ばれますよ。是非、貴重な子犬時期を記録し残してあげて下さいね。


このページの先頭へ戻る