子犬 体温

子犬の体温と部屋の温度管理

生まれたばかりの子犬は、体温調節もできずとても無防備な状態です。

 

目も耳も閉じたままで、母犬と飼い主が守ってあげなければいけません

 

 

 

出産の時の、温度管理も大事ですが

 

出産してからの部屋温度の管理も、重要です。

 

特に、冬場は冷え込みがキツイですから産箱から、はいずりだした

 

子犬が戻れずに、身体が冷え死んでしまうという事故がおきます。

 

 

 

自分で、出られない時期なら大丈夫と思っていませんか?

 

いえいえ、生まれてすぐでも こういう事故は起きるんですよ。

 

子犬のお乳を飲む吸引力って凄いものなんです。

 

 

 

例えば、お乳をあげている母犬がトイレに行ったと思って下さい。

 

子犬は母犬のお乳に吸い付いています。

 

すると、一緒に子犬も出てしまう時があり母犬が、

 

くわえて産箱に戻せばいいんですが、初めての子育てをする母犬は、

 

上手にくわえる事が出来ない場合があるのです。

 

 

どうしたら良いか分からず、吠えて飼い主を呼ぶ場合はいいのですが

 

そのままにしてしまう母犬もいますから、

 

子犬は身体が冷えて死んでしまうという事なんですよ。

 

 

 

ですから、部屋の温度管理は子育て中であっても

 

ちゃんとしなければならないと、言う事ですね。

 

 

 

特に冬場の暖房は、かなり電気代にも痛いですが

 

子犬の、安全の為ですから、そこは飼い主さん頑張りましょうね

 

 

 

温度管理の注意点が一つあります。

 

暖房器具の場合、暖かい風が出てくる訳ですが

 

直接、風が当たらないような工夫が必要ですよ。

 

その点だけは、注意しておきましょうね。


このページの先頭へ戻る